「秋冬の大敵!!乾燥肌の原因とは?!」


オイル

「秋冬の大敵!!乾燥肌の原因とは?!」


急激に湿度が低下する

10月から11月を境目に

肌はとても乾燥しやすい状態に

なってしまいますよね




でも、わたしのサロンでは

3ヶ月以上通われてるお客様の


「乾燥肌」がほぼ100パーセントに近いくらい

改善されているんです

 

(根本的なことを知れば必ず解決できます‼️)




乾燥肌を招く理由は

おもに肌の水分保持力が

下がってしまうことが

原因とされていますよね。




では、まず、乾燥肌となってしまう

メカニズムについてお伝えしますね♫




ーーーーーーーーーー
乾燥肌の原因は?!
ーーーーーーーーーー

水分保持力が衰え、

乾燥肌となってしまう原因は、

私たちの肌の『バリア機能』の

低下にあります‼️
(※根本的な理由なのでとっても大事^ ^)



肌は表皮によって覆われていますが、

この表皮の最も外側にある角質層にある

『バリア機能』が、

乾燥と深くかかわっているのです。



肌の角質層は、

「角質細胞」と細胞の隙間を埋める

「角質細胞間脂質」でできています^ ^



これらの成分が肌のバリア機能としての

役割をしていて

バリア機能が正常に働いていると

肌の水分保持力も安定し、

水分の蒸散を防ぎながら

アレルゲンや細菌などの侵入も防ぎ、

外からの刺激から肌を守ってくれるのです



なので、

乾燥肌を引き起こさないためには、

肌の『バリア機能を保つこと』が

超重要ポイントとになります



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
肌のバリア機能を低下させてしまうおもな原因
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

バリア機能が保たれている健康な肌は

皮膚のターンオーバーによって

常に新しい細胞へと入れ替わっていますよね^ ^



肌の新陳代謝であるターンオーバーには

サイクルがあって

このサイクルが乱れてしまうと


『バリア機能』も

低下してしまうのです



また、

空気の乾燥や紫外線によるダメージ

生活習慣の乱れといった

さまざまな原因によって

角質細胞内の天然保湿因子(NMF)や

角質細胞間脂質が減少し

細胞同士をつなぎ止める力が低下してしまうと

バリア機能が弱まってしまう





ーーーーーーーーーーーー
簡単!スピード改善法は
ーーーーーーーーーーーー

もちろん、

生活習慣や食習慣を整えることも

大事ですが…



なんと‼️


『バリア機能』は

化粧品で簡単に復活させることが

できるんです




『角質細胞間脂質』は



主に

セラミドですがリノール酸で

構成されています^ ^




その中で私がオススメなのは

セラミドはもちろんのこと

リノール酸含有量が最も多い

「アルガンオイル」です



「アルガンオイル」を

お肌に直接塗ることで

主成分のリノール酸が

『バリア機能』を整え



この時季の辛い痛い乾燥肌から

抜け出すことができますよ♪



ぜひ、使ってみて♫

 

【MIREYエクセレントオイル】

 MIREYエクセレントオイルの効果

☑ 酸素は新しい肌細胞を作り出す力(ターンオーバー)を

活性・正常化し、シワ・たるみ・くすみ・シミのない肌をつくります。

☑ 酸素は潤い美しくなるために必要なお肌のエネルギー物質(ATP)を

作り美容成分を取り込みやすくします。

☑ アルガンオイルに含まれる、豊富な美容成分(ビタミンE・ポリフェノール・リノール酸)で

ハリと潤いのある肌をつくります(‘◇’)ゞ

オイル

 

取り扱ってみたい!!

試してみたい!!

というサロン様は

メッセージ下さいませ♪

 

商品お問い合わせはこちらから